〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00
定休日:日曜・不定休

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで

090-9387-4280
友だち追加

風邪が長引く原因は?

風邪を引くとなかなか治らない、最近すぐに風邪をもらってしまう、高い熱は出ないけど、ぐずぐずと微熱が続く、熱はないけれど体調が優れないなど、こうした症状がある場合、それは免疫機能が低下しているサインかもしれません。

私たちのカラダは、免疫細胞によって細菌やウイルスから守られています。

しかし、ストレス、睡眠不足、暴飲暴食、疲労の蓄積など、不規則な生活を送っていると免疫力が低下しやすくなります。

その結果、風邪を引きやすくなり、いったん風邪を引くとなかなか治らず、長引いてしまうことがあります。

東洋医学ではこのような状態を気虚(ききょ)と言います。

気虚とは、カラダのエネルギーが不足し、免疫力が低下している状態です。気虚は、免疫力の低下だけでなく、精神的な不調があらわれてくることがあります。

とくに疲れやストレスが続いていると、自律神経のバランスが乱れてしまい、免疫の機能が正常に働かなくなってしまうため、免疫力が低下しやすくなってしまいます。

では、自律神経のバランスを整え、免疫力を高めるにはどうすれば良いでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

1.十分な睡眠

体力を養うためには、十分な睡眠が欠かせません。

 

睡眠はからだと心を休め、頭をリセットさせて、体力を回復させるための大切な時間です。

 

十分な睡眠を取ることで、翌日を元気に迎えることができます。

睡眠不足は体力を消耗させ、免疫力も落ちてしまうため、調子を崩しやすくなってしまったり、何かあるとすぐに風邪をひいてしまうなど、カラダが元気な状態であれば大丈夫なことも、寝不足が続いていたりすると様々なカラダの不調を訴えるようになったりします。

十分な睡眠を確保することで、心とからだの健康を維持することができます。

質の良い睡眠を取るためには、まず規則正しい生活習慣を心がけることが重要です。

寝る直前のスマホやパソコンなどは脳が興奮してしまうため、なかなか寝付けなかったり、眠りが浅くなってしまったり、なるべく脳がリラックスできるように寝る直前のスマホやパソコンの使用は控えるとよいでしょう。

あとは、アルコールやカフェインの摂取にも注意が必要です。

特に寝る前のカフェインやアルコールの摂取はカフェインの興奮作用で寝付けなくなってしまったり、飲酒後の睡眠は眠りが浅くなりやすくなってしまいます。

特に疲れを感じているような場合はこれらの摂取は控えて、十分な睡眠を確保し、ストレスを効果的に解消しましょう。

2.適度な運動

運動をすることによって、免疫力が高まることが知られています。

先ず、運動をすることによって筋肉が動いて体温が上がるため、血液の中の白血球に含まれる免疫細胞が活性化され、その結果として免疫力が高まると言われています。

そして、運動はストレス解消にもつながります。

運動をして筋肉を使うことによって、からだは温まり、リラックス効果が期待できるため、ストレス発散以外にも免疫力を高めるのにも効果的です。

ただし、激しい運動はストレスホルモンが分泌されてしまうため、逆にストレスが溜まったり、免疫力が低下してしまうことがあります。

とくに疲れを感じているような場合にはいきなりハードなトレーニングをするのではなくウォーキングやジョギングなど軽めの運動からはじめることをおススメします。

運動をやらなければという思いが強すぎると、そのこと自体が逆にストレスになってしまうことがあります。

日常生活の中でこれなら続けられるという感じで、無理のない範囲で運動を取り入れることをおすすめします。

3.入浴のススメ

しっかりと湯船につかることで、リラックス効果が得られ、自律神経のバランスが整います。

 

また、湯船にかぎらずサウナや岩盤浴なども良いでしょう。

カラダが冷えると血流が悪くなり、免疫力が低下しやすくなってしまうため、ゆっくりとカラダを温めてあげることが大切です。

※風邪症状が現れたら先ずは、医療機関に受診することをおススメします

4.風邪に効果のあるツボ

風池(ふうち)

かぜはからだに入ると風池(ふうち)に溜まるといわれているツボ。かぜの初期にはホットタオルで温めると効果的です。


※ホットタオルの作り方
フェイスタオルを水でしぼってレンジ30秒程度(熱さは加減してください)温めたタオルをツボのあるところ周辺に押し当てます。

場所:後頭部の骨のくぼみ。真ん中のラインから指3本外側にあります。

大椎(だいつい)

熱を下げて、風邪(邪気)を除くツボ。せんねん灸などで温めるのがおススメですが、難しい場合にはホットタオルで温めるだけでもよいです。

場所:頭を前にたおして、首の後ろの一番出ている骨のすぐ下のくぼみ。

風門(ふうもん)

かぜが入ってくる入り口が風門(ふうもん)というツボ。大椎(だいつい)同様お灸がおススメですが、ホットタオルでも効果があります。

場所:頭を前にたおして、首の後ろの一番出ている背骨の突起から2つ下に。そこから指2本分外側にあるツボ。

これらのツボをそれぞれ20秒~30秒程度、ほどよい圧で2~3セット、ゆっくりと押してあげてください。

それでも症状が改善されずにお困りなら

院長の塙です。
あなたのお悩みを解決します!​

東洋医学では、風邪を引きやすい状態を気虚(ききょ)といって、からだのエネルギー不足と考えます。その原因には、ストレスや疲れ、寝不足などがあります。

ただ、ストレスや疲れのかかり具合というのは人によってさまざまであるし、症状の出方や患者さまが訴える症状もさまざまです。

心身相関といって、こころとからだは表裏一体の関係にあります。こころが乱れることによって、からだにさまざまな症状が出現します。

逆にいえば、からだに現れている症状を治すことにより、こころの問題を落ち着かせることもできるということでもあります。

当院では、一人ひとり丁寧に問診と診察を行い、マニュアル化されているような治療ではなく、それぞれに合わせたオーダーメイドの治療を提供しています。

このような症状でお困りの方は、ぜひ当院にご相談ください。

鍼灸治療を通じて、気の巡りを改善し、健康で活力のある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

また、鍼灸治療には抵抗がある、マッサージの方がよい、という方にはボディケアというコースのご用意もございますのでお気軽にお問合せください。

当院では渋谷区、港区を中心に出張施術を行っています。

忙しくて時間が取れない、身体がつらくて外へでられないなど、そんなときはぜひ当院の出張サービスをご利用ください。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にご予約・お問合せください

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで
090-9387-4280
友だち追加
営業時間
12:00~21:00
定休日
日曜・不定休

お気軽にお問合せください

お問合せ・相談予約はお電話もしくはLINEで

友だち追加
090-9387-4280

<営業時間>
12:00~21:00
※日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

【7月のお知らせ】
20日(土)、21(日)は福島へ出張治療のため、東京での施術はお休みさせていただきます。
2024/07/04
院長ブログ」ページを更新しました
2024/07/18
お役立ち情報」を更新しました

はなわはりきゅう院

住所

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00

定休日

日曜・不定休