〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00
定休日:日曜・不定休

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで

090-9387-4280
友だち追加

生理痛ってなんで起きるの?

生理痛とは
生理中に感じる痛みのことを生理痛といいます。なかには生理のときに痛みがあるのは普通だと思っている人もいたりします。でも、生理痛にもちゃんと理由があります。その理由を知ることで、生理痛の対処法が見つかるかもしれません。それでは詳しく見ていきましょう
 
生理痛のメカニズム
生理とは、子宮の内側の壁(子宮内膜)が出血と一緒にからだの外へ出ることをいいます。生理の周期は人によって違い、だいたい25日から38日が普通です。
 
女性の体にはエストロゲンとプロゲステロンという2つのホルモンがあります。生理が来ると、この2つのホルモンの働きで卵胞が大きくなり、卵子が排出されます(これを排卵といいます)。すると、子宮は赤ちゃんが育つための準備を始めますが、妊娠しなかった場合、不要になった子宮内膜が剥がれ落ちて出血と一緒にからだの外へ出ます。これが生理のメカニズムです。
 
生理痛がおきる原因
生理中に痛みが起きる原因としては、プロスタグランジンというホルモンの影響やからだの冷え、精神的なストレスなどがあげられます。
 
また、生理痛そのものは病気ではないのですが、病気が原因で生理痛がひどくなることがあります。代表的な病気には「子宮内膜症」や「子宮筋腫」などがあげられます。
 
痛み止めを飲んでも生理痛が治らない、出血の期間が長かったり、出血量が多くレバーのような塊がでたりするなど、ひどい生理痛を繰り返すような場合には、必ず婦人科を受診しましょう。
東洋医学的視点から考える生理痛のメカニズム
東洋医学では、これらの症状は血液の循環が滞ることによっておこる於血(おけつ)といって、血の異常があると考えます。
 
於血が出来やすい人の原因と対策
於血が出来やすい原因の一つはからだの冷えがあげられます。年中冷たい飲み物を飲んでいたり、ビールやアイスクリームなど冷たい物はからだを冷やします。
 
また、サラダなど生野菜やお刺身のような生ものは、からだを冷やしてしまいます。また、夏場のエアコンや寒い季節の薄着などもからだを冷やす原因になってしまいます。これが続くと血液の巡りが悪くなり、冷えがひどくなり、血液が滞りやすくなってしまうため、於血(おけつ)ができやすくなってしまい、余計に冷えてくるという負のスパイラルに陥ることもあります。
 
これを防ぐために、以下の方法をご紹介します。

生理痛を予防するための4つの方法

  • 冷えに注意する
  • 定期的な運動
  • 冷たい食べ物や飲み物に注意する
  • ツボ押しのススメ

1.冷えに注意する

寒い季節の素足にミニスカートや足首が見えるような服装や、夏場のエアコンが効いたお店やオフィスなどでの長時間の作業、効きすぎている部屋など、冷房を効かせすぎるとからだが冷えやすくなってしまいます。

からだが冷えることによって、血行が悪くなってしまうため、生理痛を悪化させる原因になってしまいます。

2.定期的な運動

運動を行うことにより、血行が改善するため生理痛の改善に有効です。運動習慣があまりない方は、ウォーキングや軽いジョギング、ストレッチなど、ムリの無い範囲でなるべく継続して行えるようにすることが大事です。

それでもハードルが高いという方は、自転車ではなく歩く、一駅分歩く、5階ぐらいまでであればエスカレーターやエレベーターでなく階段を使うなど、日々の生活のなかでできることから始めることをおススメします。

 

3.冷たい食べ物や飲み物に注意する

冷たい飲食は、胃の働きが低下し、内臓の血流が悪くなってしまうため、からだが冷えやすくなってしまい、生理痛が悪化する原因になってしまいます。

とくに生理中はからだを冷やさないように、極力をからだを冷やさないように冷たい物はなるべく避けましょう。

4.ツボ押しのススメ

 

三陰交(さんいんこう)

体内の血の巡りを良くするツボで、冷えの解消に効果的。婦人系疾患の全般に効果がある。

場所:内くるぶしのてっぺんから指4本分上。骨際にあるツボ。

 

気海(きかい)

生理痛の緩和や生理不順・便秘・下痢の改善などに効果があるツボ。

場所:正中線上(頭から縦にのびるからだの中心線の上)で、おへそから指約2本下

 

 

 

 

血海(けっかい)

血の巡りが悪かったり、不足しているような状態を解消するツボ。月経不順など婦人系の症状に効果的。

場所:膝の皿の内側、上端から指3本分上のところにあるツボ

これらのツボをそれぞれ20秒~30秒程度、ほどよい圧で2~3セット、ゆっくりと押してあげてください。

それでも症状が改善されずにお困りなら

院長の塙です。
あなたのお悩みを解決します!​

生理痛がでやすい人は血液の循環が滞ってしまう於血(おけつ)という状態であったり、血が不足している血虚(けっきょ)という状態であることが多いです。

これらの状態は元々の体質であったり、若い頃から薄着のファッションであったり、冷飲冷食を繰り返していたりなど、冷えの蓄積によって徐々におきてくる場合があります。

また生理痛、それ自体は病気ではないにしても、生理痛が起きるようなからだの状態を放置しておくことにより、不妊や婦人系の病気などにつながってしまう可能性もありますので、痛みがあるときにはなるべく放置せず、適切にケアを行うことが大切になってきます。
 

当院では詳しくお話しをお伺いして、診察していくことにより、根本の原因を見つけていき、マニュアル化されているような治療ではなくオーダーメイド型の治療をこころがけています。

このように、生理痛でお困りの方は、ぜひ当院にご相談ください。鍼灸治療を通じて、あなたの健康を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

また、鍼灸治療には抵抗がある。マッサージの方がよい、という方にはボディケアというコースのご用意もございますのでお気軽にお問合せください。

当院では渋谷区、港区を中心に出張施術を行っています。

忙しくて時間が取れない、身体がつらくて外へでられないなど、そんなときはぜひ当院の出張サービスをご利用ください。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にご予約・お問合せください

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで
090-9387-4280
友だち追加
営業時間
12:00~21:00
定休日
日曜・不定休

お気軽にお問合せください

お問合せ・相談予約はお電話もしくはLINEで

友だち追加
090-9387-4280

<営業時間>
12:00~21:00
※日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

【7月のお知らせ】
20日(土)、21(日)は福島へ出張治療のため、東京での施術はお休みさせていただきます。
2024/07/04
院長ブログ」ページを更新しました
2024/07/18
お役立ち情報」を更新しました

はなわはりきゅう院

住所

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00

定休日

日曜・不定休