〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00
定休日:日曜・不定休

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで

090-9387-4280
友だち追加

朝起きてもからだが疲れているのはなぜ?

寝ても疲れがとれない
 
心身の疲れを回復するのに睡眠というのはとても大事です。
 
でも、寝ているはずなのに朝起きると「だるい」「疲れが抜けない」「すっきりしない」など、
 
疲れが残ったまま一日がスタートしていませんか?
 
疲れが溜まっている状態では、体調にも変化を与えてしまったりなど、日常生活にも支障を来しかねません。
 
睡眠は脳とからだをやすめる
 
睡眠には「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」という2つの眠りで構成されています。
 
レム睡眠は、夢を見たり、からだピクピク動いたりなど眠りが浅い状態で、主にからだの休息の時間にあてられています。
 
一方で、ノンレム睡眠は、眠りが深い状態で、脳波の活動が低下して、主に脳の休息の時間にあてられています。
 
この2つの睡眠を繰り返すことによって、毎日の疲れを回復させています。
 
睡眠の質も大事
 
睡眠の時間はしっかりと確保されていても、その質が悪ければ、疲労回復が追いつかず
 
寝ても「疲れが取れない」「からだがだるい」「すっきりしない」
 
といったような状況になってしまいます。
東洋医学の視点から考える睡眠の質の低下のメカニズム
 
東洋医学では、眠りが浅かったり、睡眠の質が悪くなっているような時は、ストレスがたまっている状態と考えます。
 
そうすると、自律神経やホルモンバランスが乱れやすくなってしまい睡眠の質が悪くなったり、眠りづらくなってしまいます。
 
胸にストレスが溜まってくると
  • 肩甲骨のあいだがこりやすい
  • 呼吸があさい
  • 手足が冷える
  • 考え事がおおい
  • みぞおちを押すと苦しい
  • 夢をよく見る
  • 頭痛がする・思考力が低下している
 
など、さまざまな症状が起こってきます。
 
また、眠りの質が悪かったり、睡眠不足が続いてしまうと、体重が増えやすくなってしまったり、中性脂肪や血糖値などもあがりやすくなってしまい、加齢による変化がはやくなってしまうことにもなってしまいます。
 
それでは、睡眠の質をあげるためにはどんなことをしていけばいいでしょうか?
 
詳しくみていきましょう

1.ウォーキングやジョギング

眠りが浅い状態は、東洋医学では上実下虚といって、頭のほうに熱がこもりやすくなってしまいます。

これは例えるなら、頭のスイッチがONで電気を24時間つけっぱなしになっていて、頭の休む暇がない状態であるといえます。

そうすると交感神経が優位になってしまい、睡眠の質が低下しやすくなってしまいます。

ウォーキングやジョギングをすることによって、気血の巡りがよくなるため、頭のほうにこもっている熱が下がりやすくなり、頭もスッキリしてくるため睡眠の質を良くします。

2.寝る前にパソコンやスマホは見ない

スマホやパソコンなど、ひかりの刺激は体内時計に影響をおよぼしたり、脳疲労といって、あたまが疲れやすくなってしまいます。

そうすると、眠りを知らせるホルモンが低下してしまい、寝つきが悪くなってしまったり、眠りが浅くなってしまったり、目覚めが悪くなってしまったりしてしまいます。

また、画面を見続けていると、交感神経が興奮してしまい、目が冴えてしまうので、寝る1時間前には見るのをやめておきましょう。

3.マインドフルネスや瞑想

マインドフルネスや瞑想を行うことによって、交感神経の働きを抑えて、副交感神経を優位にさせる効果が期待できます。

そうなると、脳がリラックス状態となるため、結果として頭がすっきりしたり、脳の疲れが取れたような感覚がでてきます。

それによって、深い睡眠に入りやすくなってくる効果が期待できます。

  • マインドフルネスのやり方

 1.姿勢をただす

床に座ってあぐらをかいても、

椅子に座った状態でもよいので頭のてっぺんで天井を押すようなイメージで背筋を伸ばします。

目は伏し目がち(半眼)にして、2メートル先ぐらいの床を眺めるようにします。

 2.呼吸を意識する

腹式呼吸で、丹田といって下腹部に呼吸をいれていくようなイメージ(実際に下腹部に呼吸は入らないのであくまでイメージで)、自分の呼吸に意識を置きます。

 3.考え事が浮かんできても、追わずに流し去る

何か考えごとに気づいたら、そこに意識は置かずに流し去ります。

それでも繰り返し考え事はでてくるものなので、そのたびに追わずに流し去るを繰り返します。

これを続けることによって、少しずつ頭の興奮してON状態にあったスイッチはOFFとなり、これを継続することによって、頭がすっきりして、睡眠の質の改善が期待できます。

1日5分でもいいので、毎日継続していくことにより少しずつ効果が現れてきます。

ぜひやってみてください。

4.睡眠の質をあげるツボ

完骨は右から2番目

完骨(かんこつ)

精神を安定させるツボで、不眠に効果があります。自律神経のバランスを整え、あたまの疲れを改善する効果が期待できます。

場所:耳の後ろの突起した骨から指1本分下、そこから首側にあるくぼみにあります。

百会(ひゃくえ)

自律神経のバランスを整えるツボ。精神が不安定ときや頭痛、めまいなどの症状にも効果があります。

場所:あたまのてっぺん。両耳の一番先端の部分を結んだ線と正中線が交差するところにあります。

失眠(しつみん)

不眠によく効くツボ。神経症やうつ症状などの改善にも効果が期待できます。

場所:かかとの中央

 
これらのツボをそれぞれ20秒~30秒程度、ほどよい圧で2~3セット、ゆっくりと押してあげてください。

それでも症状が改善されずにお困りなら

院長の塙です。
あなたのお悩みを解決します!​

朝起きてもからだの疲れがとれない、という状態は、だいたいの場合において疲れやストレスが溜まっていて、自律神経のバランスが乱れやすくなっているような状態のひとが多いです。

ただ、ひとことでストレスといっても、はっきりと自覚があるひとは案外少なくて、言われてみて初めて気づくようなこともしばしばあります。

このような状態を回復させるためにも、当院では詳しくお話しをお伺いして、診察していくことにより、根本の原因を見つけていき、マニュアル化されているような治療ではなくオーダーメイド型の治療をこころがけています。

このような症状でお困りの方は、ぜひ当院にご相談ください。

鍼灸治療を通じて、あなたの健康を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

また、鍼灸治療には抵抗がある、マッサージの方がよい、という方にはボディケアというコースのご用意もございます。

お気軽にお問合せください。

当院では渋谷区、港区を中心に出張施術を行っています。

忙しくて時間が取れない、身体がつらくて外へでられないなど、そんなときはぜひ当院の出張サービスをご利用ください。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にご予約・お問合せください

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで
090-9387-4280
友だち追加
営業時間
12:00~21:00
定休日
日曜・不定休

お気軽にお問合せください

お問合せ・相談予約はお電話もしくはLINEで

友だち追加
090-9387-4280

<営業時間>
12:00~21:00
※日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

【7月のお知らせ】
20日(土)、21(日)は福島へ出張治療のため、東京での施術はお休みさせていただきます。
2024/07/04
院長ブログ」ページを更新しました
2024/07/18
お役立ち情報」を更新しました

はなわはりきゅう院

住所

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00

定休日

日曜・不定休