〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00
定休日:日曜・不定休

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで

090-9387-4280
友だち追加

梅雨の時期になると調子がわるくなるのはなぜ?

梅雨の時期になると、肩こりや頭痛、めまいなどの体調不良に悩まされることはありませんか?

 

梅雨は体調が悪くなりやすい季節で、気象病とも呼ばれます。

 

主な原因としては、以下のようなものが考えられます。

 

  1. 低気圧による自律神経の乱れ

  2. 気温の急激な変化による体へのストレス

  3. 高湿度による水分代謝の低下

 

東洋医学では、梅雨の季節に体調が悪くなるひとは「水毒(すいどく)」が関係していると考えます。

 

水毒というのはからだに余分な水分が溜まることで、水分代謝が悪くなり、体調不良を引き起こしたりする状態をいいます。

 

梅雨の長雨による過剰な湿気は「湿邪(しつじゃ)」と呼ばれ、からだの水分代謝に影響を及ぼし、むくみや頭痛、食欲不振などの症状を引き起こすことがあります。

 

あなたが毎年悩んでいる不調は、水毒体質が原因かもしれません。

 

まずは、以下の症状に当てはまるかチェックしてみましょう。

 

  • むくみやすい

  • 体が重く感じる

  • 乗り物酔いしやすい

  • めまいや立ちくらみがする

  • 飲み物を飲むとお腹がチャポチャポする

  • 甘い物が好き

 

これらの症状のうち、3つ以上当てはまる場合は、水毒体質の可能性があります。

 

さらに、日本は四方を海に囲まれているため、湿気が多い国でもあります。

 

そのため、湿気に敏感な体質になりやすいと言われています。

 

梅雨の時期に体調が悪くなる人の中には、「雨や台風が近づくとわかる」というひともいるぐらいです。

 

そして、気圧の変化をからだが敏感に察知してしまうのも、水毒体質のひとつの特徴です。

 

水毒体質にはしっかりとしたケアが重要です。ここでは、水毒を排出するための解消法を解説していきます。それでは、いきましょう。

1.規則正しい生活で自律神経を整える

梅雨の時期の体調不良の対処としては、自律神経のバランスを整えることが最も大切となります。

食べ過ぎや飲みすぎ、睡眠不足などが続くと、疲労が溜まってしまうため自律神経は乱れやすくなってしまいます。

また、からだが冷えると水分代謝は悪化しやすくなるので、エアコンの冷え対策として、カーディガンやストールを持ち歩いて、冷えを感じたら羽織るなどしてあげるとよいでしょう。

あとは、アイスクリームとかサラダなどの生ものはからだを冷やしますので、摂りすぎに注意して、なるべく温かい物を食べることもおススメです。

2.適度な運動や入浴で水分代謝をあげる

天気が悪いと、副交感神経が優位になってしまい、からだの元気がでずに気分が落ち込みやすくなってしまいます。

さらに雨が降っていると外出が億劫になってしまいがちです。

そういう時こそ、意識的にからだを動かすようにしてあげるとよいでしょう。

特にスクワットは全身の筋肉の8割ほどが動作に関与するため、運動効率もよく室内で場所も取らずできるのでおススメです。

また、ぬるめのお風呂にゆっくりと浸かり、からだを温めるのも効果的です。

からだを温めることによって、代謝が促されるので、からだに溜まった余分な水が排出されやすくなります。

3.耳のマッサージ

気圧の変化からくる頭痛やめまいなどは、耳の奥にある内耳という器官が大きく関係しています。

内耳がセンサーの役割をしていて、脳の中にある自律神経に気圧の変化を伝えます。

この内耳のセンサーが過敏になってしまうと、ちょっとした気圧の変化でも脳に対して過剰に伝わってしまいます。

とくに、耳周りの血流が悪いと内耳のリンパ液も滞り、その結果、頭痛やめまい、肩こりなど様々な不調につながってしまいます。

そこでおススメなのが耳のマッサージです。

  1. 耳を軽くつまみ、上・下・横に5秒ずつ引っ張ります
  2. そのまま軽く引っ張りながら、後ろに向かってゆっくり5回まわします
  3. 耳全体を手のひらで覆って、ゆっくりと円を描くように後ろに向かって5回まわします。

※朝・昼・晩の1日3回行うのが目安

4.おすすめのツボ押し

復溜(ふくりゅう)

からだのだるさやむくみの解消に効果が期待できるツボ。

場所:内くるぶしとアキレス腱の間から指3本上にあがったところ。

血海(けっかい)

血の循環不順や不足などを解消するツボ。

場所:膝の皿の内側の骨から指3本分上。

足三里(あしさんり)

胃の働きを整え、水分代謝を改善してくれるツボ。

場所:すねの外側で、膝の皿のすぐ下の外側のくぼみから指4本分下。

これらのツボをそれぞれ20秒~30秒程度、ほどよい圧で2~3セット、ゆっくりと押してあげてください。

それでも症状が改善されずにお困りなら

院長の塙です。
あなたのお悩みを解決します!​

気象病の方は、元々の体質で胃腸が弱かったり、お腹が冷えやすくなっているような方がとても多いです。

 

当院ではまず、診察を重視しています。

 

詳しくお話をお伺いして、丁寧に診察していくことで、根本の原因を探り出していきます。

 

胃腸が弱っていればその働きを整えるように、またお腹の冷えが強ければ温めるように治療して、気血の巡りをよくすることによって症状の改善をはかり、一人ひとりに合わせたアドバイスなども行っていきます。

このように、梅雨の時期になると体調が悪くなるなどでお困りの方は、ぜひ当院にご相談ください。

鍼灸治療を通じて、気の巡りを改善し、健康で活力のある生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

また、鍼灸治療には抵抗がある、マッサージの方がよい、という方にはボディケアというコースのご用意もございます。

お気軽にお問合せください。

当院では渋谷区、港区を中心に出張施術を行っています。

忙しくて時間が取れない、身体がつらくて外へでられないなど、そんなときはぜひ当院の出張サービスをご利用ください。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にご予約・お問合せください

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで
090-9387-4280
友だち追加
営業時間
12:00~21:00
定休日
日曜・不定休

お気軽にお問合せください

お問合せ・相談予約はお電話もしくはLINEで

友だち追加
090-9387-4280

<営業時間>
12:00~21:00
※日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

【7月のお知らせ】
20日(土)、21(日)は福島へ出張治療のため、東京での施術はお休みさせていただきます。
2024/07/04
院長ブログ」ページを更新しました
2024/07/18
お役立ち情報」を更新しました

はなわはりきゅう院

住所

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00

定休日

日曜・不定休