〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00
定休日:日曜・不定休

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで

090-9387-4280
友だち追加

冷えるとトイレが近いのはなぜ?

寒くなったり、からだが冷えるとトイレが近くなる、ということありませんか?
 
「さっきトイレに行ったばかりなのに、またトイレに行きたくなる」「夜間トイレに何回もおきる」
 
などトイレが近くて、小便の回数がおおい状態を頻尿といいます。
 
頻尿とは
 
排尿の回数がおおい状態で、一般的には朝起きてから夜寝るまでのあいだの排尿の回数が8回以上とされていいます。
 
また、夜間の排尿の回数が2回以上になると睡眠の妨げとなり睡眠の質が低下してしまいます。
 
頻尿の原因
 
頻尿や多尿になってしまう原因としては、加齢、過剰な水分摂取、ストレス、からだの冷え、利尿作用のある飲み物や薬などがあげられます。
東洋医学の視点から考える頻尿のメカニズム
 
尿トラブルは腎虚(じんきょ)といって、腎が弱っている状態と考えます。
 
腎が弱ってくると冷えやすくなってくるため、膀胱が刺激されて尿意を感じやすくなってしまい、トイレにいく回数が増えてしまいます。
 
ここでいう腎は、腎臓だけではなく泌尿器や生殖器系などのことを指します。
 
腎とは
 
東洋医学では腎は成長や発育、生殖活動などのエネルギーの源とされていて、生まれ持った体力などは先天の精(せんてんのせい)といって、腎に備わっていると考えています。
 
なぜ腎虚になってしまうのか
 
生まれ持った体力など先天の精と呼ばれるエネルギーは加齢とともに衰えていきます。
 
若い頃は徹夜などしても平気だったけど今はムリ、と言うような話などは先天の精が減少してきているからです。
 
また、それ以外にも、過度の疲労やストレスの蓄積、寝不足などで体力の消耗を続けていると腎のエネルギーは減少しやすくなってきてしまいます。
 
 
腎虚の症状は
 
腎気が不足する腎虚(じんきょ)という状態になってくると、気血の巡りが悪くなってしまうため「足が冷えやすい」、「足腰の弱りを感じる」といったことや、からだの新陳代謝も低下しやすくなってくるため、「以前より痩せにくく太りやすくなる」、「耳鳴りや難聴」、「夜間トイレに行く回数が増える」などの症状が出やすくなってきたりします。
 
頻尿とひとことでいっても、原因はさまざまです。
 
もしこのような症状があるようであれば、あなたのトイレが近いのは腎虚によるものかもしれません。
 
このような場合、どうすれば良いでしょうか?それでは詳しく見ていきましょう。

1.冷たい物や水分のとりすぎに注意

頻尿対策で大切なのは、からだを冷やさないことです。

とくに検査をしても何も異常が見つからないような場合には、冷えからきていることが多いです。

冷たい飲み物や水分のとりすぎは、からだを必要以上に冷やしてしまいます。

また、アルコールやコーヒーや緑茶などのカフェイン飲料は利尿作用があるため摂り過ぎには注意しましょう。

2.からだを冷やさない

冷たい飲食を避けるのは、もちろん大事ですが、それと同時に、寒い季節の薄着のファッション夏場の冷房など、外気の冷えからからだを守ることも大切です。

とくにからだを冷やさないためには、首を守ることが大事になってきます。

血流がおおい大事だ血管が走っている、首・手首・足首を包むようなファッションを心がけることで、からだを冷えから守ります。

 

3.軽めの運動で適度に汗をかく

さむい季節は汗をかく量がへるため、体内の水分を排出するために排尿の回数が増えてしまいます。

また、さむい季節のみならず、夏場のエアコンも汗をかかなくなってしまうため、オフィスワークや一日中家のなかにいるような生活を送っているような生活をしているひとは、意識的に汗をかくことが大事になります。

運動習慣がない方は、まずはウォーキングやジョギングなど軽めの運動から始めることをおススメします。

 

4.ツボ押しのススメ

腎兪(じんゆ)

腎の働きを助けるツボ。ここを押して痛い場合にはエネルギーの流れが滞っていると考えられます。

場所:ウエストラインにそって、背骨から指2本分外側のところにあります。

中極(ちゅうきょく)

下腹部の気血の巡りをよくして、冷えからくる頻尿を改善する効果が期待できるツボ。

場所:おへその下側から指4本分下がったところあります。

これらのツボをそれぞれ20秒~30秒程度、ほどよい圧で2~3セット、ゆっくりと押してあげてください。

それでも症状が改善されずにお困りなら

院長の塙です。
あなたのお悩みを解決します!​

さむい季節になったり、冷えるとトイレが近くなるひとは、からだの冷えからきていることがほとんどです。

とくに若い頃というのは、陽気も盛んで、腎の気も充実しているのですが、加齢とともに陽気や腎気も減少していきます。

「歳をとるとだんだんムリが効かなくなってきた...」

というのがこれにあたります。

このように腎気がすり減っていくというのは、人間誰しもがあることではありますが、過度の疲労やストレスの蓄積により、腎気がすり減りやすくなってしまいます。

その結果、頻尿のみならず、耳鳴りやめまい、腰痛、手足の冷え、女性であれば不妊や婦人系の病気などのきっかけになってくることもあります。

このような状態を回復させるためにも、当院では詳しくお話しをお伺いして、診察していくことにより、根本の原因を見つけていきます。

そして、マニュアル化されているような治療ではなくオーダーメイド型の治療をこころがけています。

このように、トイレが近いなど頻尿でお困りの方は、ぜひ当院にご相談ください。

鍼灸治療を通じて、あなたの健康を取り戻すお手伝いをさせていただきます。

また、鍼灸治療には抵抗がある、マッサージの方がよい、という方にはボディケアというコースのご用意もございます。

お気軽にお問合せください。

当院では渋谷区、港区を中心に出張施術を行っています。

忙しくて時間が取れない、身体がつらくて外へでられないなど、そんなときはぜひ当院の出張サービスをご利用ください。

 

関連するページのご紹介

こちらのページを読んだ方には、下記のページもよく読まれています。ぜひご一読ください。

お気軽にご予約・お問合せください

ご予約・お問合せはお電話もしくはLINEで
090-9387-4280
友だち追加
営業時間
12:00~21:00
定休日
日曜・不定休

お気軽にお問合せください

お問合せ・相談予約はお電話もしくはLINEで

友だち追加
090-9387-4280

<営業時間>
12:00~21:00
※日曜は除く

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

【7月のお知らせ】
20日(土)、21(日)は福島へ出張治療のため、東京での施術はお休みさせていただきます。
2024/07/04
院長ブログ」ページを更新しました
2024/07/18
お役立ち情報」を更新しました

はなわはりきゅう院

住所

〒151-0073 東京都渋谷区笹塚2-37-7
※こちらの場所での施術は行っていません

営業時間

12:00~21:00

定休日

日曜・不定休